2017年03月20日

花粉症、だるい、痔、リタイアメント

このところ花粉が飛びまくっているのでしょうか、体がだるくてしょうがない。
以前は花粉症といえば鼻が詰まったり、目が痒くなるのがふつうだったけど、最近では自分の体が変化したのか、それとも新型花粉症なのか、鼻詰まりは軽くなったけど、体がおかしくなってしまう現象に変わりました。

どのようにおかしくなるかというと、
まず、朝から夜までだるくてしょうがない。
もうひとつの自覚症状は、胃腸の具合が悪くなり、痔になる一歩手前のようにお尻の出口のあたりが充血してしまう。それを放置すると本当に出血してしまうから、ボラギノール塗ったりしていますが、なかなか治りません。昨年もそうだったし、一昨年も春になって天気予報で花粉注意報始まるといつも痔を心配しなければならなくなってしまいました。

花粉症の季節に痔だなんて、なんの因果関係があるのか私には分かりませんが、経験則としては確かに花粉と痔は最近連動しています。試しにネットをググってみると確かに同じこと訴えている人が発見できました。

痔はボラギノールで進行を防げるけど、体のだるさはなんとも収まりません。
他の季節は週に1日ぐらいは体が軽々している日があるものですが、花粉の季節は息切れするように、ゆるい坂を犬に散歩させられて付き合って歩くのにも息切れするようになりました。ビタミンドリンク飲んでも効きません。コーヒー飲んでも飲んでもシャキッとしません。夜は12時まで起きていられないほどダル眠くなるし、朝はスマホの目覚ましを5回スヌーズさせてもまだ眠気がとれません。

そういえば「春眠暁を覚えず」というのがありますけど、昔っから春は花粉症で?朝の眠気がひどくなるということを表しているのでしょうか。

ブログを書いていても、書いた傍から「こんなのダメやんか・・・」になってしまい、何回も書き直しては、また書き直し、アップしてもまだ気に入らない、頭が鈍くてへんな文章しか書けないほどだるいので、今日は思ったことを書き並べるだけの純粋日記にしました。
こんなふうに頭から出てくることを書いていくだけなら書けます。
だけど、筋を通してとか、役立ちそうなことを書こうとしてもうまく考えがまとまりません。

こんな具合ではパソコンの前に座っていても時間ばかり過ぎていくし、何か体を動かしたらいいのではなかろうか?と、パソコン机用の椅子を手直しすることをやりました。体を動かせば少しはスッキリするかと思い・・・

私のパソコン机は、以前に記事に書きましたように、使い古しのタンスを改造して机風の台にしたものです。縦長のタンスを横に倒して引き出しを全部取っ払って・・・みたいに自分で改造して0円で作ったものです。しかし完成した改造机は高さがけっこう高いです。

椅子は捨てるつもりだった古いダイニングテーブル用の椅子をそのまんま使っていましたが、椅子は低く、机は高いので、今までは子どもが大人用の机にしがみつくみたいな恰好になってしまい、具合悪かったので、椅子の足の下にかませ物を入れて8センチ高さを上げる日曜大工をさっきまでやっていました。

材料は近くの建設屋さんに「ご自由にどうぞ」の貼り紙がある箱の中の材木の切れ端です。
これを以前いただいてきて、ストックしてあったものにノコギリを入れて切り、椅子の足の下にネジで取り付けて、ただそれだけの日曜大工でした。

使ってみたら、椅子を8センチ高くしたおかげで、足のかかとが床に着かないようになって座り心地が悪くなりました。しかたなく足置きのための横の棒を追加で取り付けて・・・不細工な恰好の改造椅子になったけど、机との高さ関係はちょうど良くなりました。

それで机と椅子の試運転で、今日はこんな純粋日記を書いてアップしました。

ずぼらな日曜大工をやって、少しは体を動かしたから、少しは気分爽快になっても良さそうなのに、やっぱり今日もだるさは消えません。
2月の寒さとどんより曇った冬空は恨めしかったですが、3月の花粉のシーズンもだるさが溜まって恨めしいです。

来週の週末から4月になって、年度が変わります。リタイアメントに年度の変わりは関係ないと思われるかもしれませんが、けっこう変わることもあるんです。
去年の秋以降ずっとヤル気下り坂だった町内会は、期が変わって私は役員御免になるし、その代わりに違うことを引き受けることが決まったし。
気分が変われば今のだるさが無くなるような、何かいいこと起きるでしょうか。

きっと思うほどいいこと無いだろうけど、期待だけは持っています。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

65歳になったら、とにかく年金事務所に行って尋ねてください、と言われた

とにかく65歳の誕生日には夫婦そろって地元の年金事務所に行き「なんか、忘れている手続きない?」と尋ねることを強くおススメします!と、年金事務所の担当者は私に語りました。

過日「特別支給の厚生年金の受け取り忘れ、時効で消える」という記事を書きましたが、昭和41年4月1日以前が誕生日の人には、妻に「振替加算」が、届け出したら付きますよ!というのもあります。これは旦那の65歳の誕生日というのがポイントです(妻の扶養家族の旦那の場合は逆なので、そう読み替えてください)。

この件について記事にもう一回書こうと思い、間違っちゃイカンとも思い、地元の年金事務所に電話して聞きました。

特に「姉さん女房」の夫婦は、“旦那様が”65歳の誕生日になったら(正確には誕生日の前日から)地元の年金事務所に足を運び「振替加算の手続きに来ました」と言い、振替加算の支給手続きをしてください、と電話の担当者は言いました。姉さん女房の人の場合は加給年金がありませんが振替加算はあります。この存在を忘れてしまっていて、支給手続きしなかったら、時効前に手続きするまで受け取れません。

対象者には旦那の65歳誕生日近くにお知らせがくるそうですが、その知らせを見逃し、あるいは忘れ、もしくは「なんじゃこれ?」と意味不明だと無視したら、5年を過ぎると時効成立で、もはや永久に受け取れなくなります。

私は昭和33年生まれなので、年額3万円ちょっとが「妻の」年金にオンされるようです。
これが振替加算という制度です。
金額はちょっとですが毎年オンされるからバカにできません。忘れると「ヤバ!」と気がついた年の5年前分までは受けられますが、それ以前の年月の権利は消えて無くなります。

ちなみに、昭和33年生まれの支給額はそんなものですが、もっと生まれが早い人はオンされる額がデカく、反対に若い世代はどんどん支給額が小さくなり、昭和41年以降は、もうゼロになる、そんな制度が振替加算です。

年下女房の場合はこれとは別に「加給年金」があります。これと「振替加算」はセットです。なので旦那が年金受給年齢になったら、たぶん間違いなく加給年金を案内され、セットになっている振替加算がくっ付いてきますから忘れることは無いと思うのですが、姉さん女房の人は「加給年金」が無く、いきなり「振替加算」だけ到来しますし、これ自体かなり知名度低いですからお知らせ来ても「なんじゃこりゃ???」でホッタラカシ・・・になってることもあしそうですよね。

上記に限らず、老齢年金は65歳から本格支給が始まりますから、65歳になったら年金事務所に一度出向いて、必要な手続きは無いのかチェックを受けるようにした方が損しないで済みそうです。

ちなみに「振替加算」という制度は、昭和41年4月1日以前が誕生日の人だけが対象です。
↓↓↓
日本年金機構 加給年金額と振替加算へのリンク
タグ:振替加算

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

「セミリタイアするからいいさ」で忘れると損!する、65歳以前の年金支給申請

その「知らずは損」現象の存在を知ったのは。ちょうど私と妻の年金を繰り下げ受給する話をしているときでした。

妻は私と同じ昭和33年生まれだから来年60歳になり、少ないけど年金を受け取れる年齢になります。私は男なので年齢は同じでも63歳からの受け取り。しかし64歳までは個人年金を毎年受け取っているから、公的年金の受け取りは65歳以降に繰り下げしよう!その方が割増になるし・・・などと考えていたら、これが全然勘違いであったことが分かりました。

その勘違いは・・・
65歳以前に受け取れる「特別支給の老齢厚生年金」というモノは、
1.繰り下げても増えない
2.65歳以降に受け取る年金に巻き込んで受給できない
3.支給の申請をせずに放置すると、5年以上前の支給部分は時効で受け取れない
こういうことだと今更ながら知りました!

だから、65歳以前に受け取る“特別な年金”は、65歳以降の“本格的な年金”とは別と考え、できれば予定どおりに、遅くても5年の時効で消える前に受け取っておくべきです。

「特別支給の老齢厚生年金」とはこういうものです、
男性は昭和36年4月1日、女性は昭和41年4月1日生まれまでの人は、保険料納付期間などの基準を満たせば満65歳以前に「特別支給の老齢厚生年金」が受け取れます。
↓↓↓
日本年金機構 特別支給の老齢厚生年金について へのリンク

この年金の金額はちょっと低くて、妻の場合は年額約11万円、私の場合は年額約100万円ですが、65歳以前までの受け取り総額は決してバカにできない額だから、もしそれが時効で受け取れる権利が消滅したら、それはそれはショックで何日も寝たきりになることでしょう。

だから昭和36年4月1日生まれまでの男性と、昭和41年4月1日生まれまでの女性は、必ず60歳以降の「特別支給の老齢厚生年金」受け取り時期が接近したら、年金事務所から送られてくる給付申請書を忘れないように提出しなければ。

もし、それを放置している場合は、大至急年金事務所に駆け込んで給付申請しなければならないだろうなぁ、と思います。

上述の特別支給の老齢厚生年金が時効で受け取れないことも起き得る可能性は、これから虎の子の年金を受け取ろうと思っている人には切実なことだと思うのに、年金関係の注意喚起案内などには、サラッとしか書いていないので、なかなか事の重要性に気づかない場合もあると思います。

たとえばこんなふうに・・・
↓↓↓
「年金の請求をお忘れではありませんか?」へのリンク

かく言う私も、自分の年金の繰り下げ検討をしている最中に、偶然見つけたことです。なので今日はそのことを記事化しました。
セミリタイアメントは、自身で自分のお小遣い程度は稼げる“軽い仕事”、“ゆるい仕事”をしている人だと私は当ブログで言っています。こういう人々は、元気な間は収入が続くので、できれば年金を繰り下げることを画策するかと思います。ここに上述の「特別支給の老齢厚生年金」受け取り忘れが発生してしまう可能性があります。だからくれぐれも注意しましょう。

別ブログの関連記事へのリンク
「うっかり請求しないと消えてしまう、恐ろしい60歳から64歳まで受け取る年金」へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:27| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN