2017年08月14日

自己都合退職でのアーリーリタイアは、やらない方がいい

「大庭さんがアーリーリタイアしたの聞いて、俺もしてみようかなぁ・・・」
そんな呟きを聞いた私が咄嗟に出した回答は「それはやめた方がいい」。

私は今までに自己都合退職とリストラ退職を一回づつ経験しました。46歳でまず自己都合退職したとき、ふと「このままずっと会社生活に戻りたくないな・・・」とアーリーリタイアが頭を過りましたが、当時は経済的にまだ余裕が無かったため、その考えを押し殺し、転職してもう一回会社勤めを再開させました。だから46歳で自己都合退職したときにアーリーリタイアに踏み込まなかったのは、お金がまだ足りなかったからだと、とずっとそう思ってきましたが、実はそうではありませんでした。

こう気づいたのは心境の変化ではなくて、自己都合退職ではセイフティーネット(生活の安全装置)がほとんど無いからです。違う言い方をするなら会社都合退職であればけっこう“使える制度がそろっている”からストレス少なくしてリタイアに歩み易い、と言えます。

たとえばリストラなど会社都合退職では、失業給付金がハローワークでの手続き後すぐに受け取れますが自己都合退職では3か月待たされます。ふつう退職後ただちに国民健康保険に加入すると年間80万円とかの高額保険料を徴収されますが、これも会社都合退職では申請により減額可能です。だから退職後の生活の不安がこれらによってだいぶ緩和され、安心感があるから生活は安定し易いです。が、自己都合退職では特に失業給付金を受け取るまでの3か月間の空白は耐えがたいです。

妻や子からは「はやく再就職して欲しい」と毎日気を揉まれるだろうし、年老いた親も的外れの勤め話を持ってくるかもしれません。そういう雰囲気の中で再就職せずにリタイアを決め込むには病気か何か、皆を納得させる特別な理由が無い限りきっと耐えられないでしょう。

私は「俺もアーリーリタイアしてみようかなぁ・・・」と言った上述の知人に、そんなような話をやんわりして「奥さんがきっと辛い思いするから・・・」と諭しましたが、当の奥さんも、もしそうならそれでもいいか、みたいなところが見えます。そのご家庭はかなりお金持ちに見えますから、もしかしたら経済的には辞めてもぜんぜんへっちゃらなのかもしれません。そういうお金持ちの引退については私の意見も限界があって及びません。

その夫婦はたまたま思い浮かんだことを言ってみただけなのかもしれませんが、そう言われたことを機に考えると、上述のように自己都合退職経由アーリーリタイアは悪いこと言わないから「やめときなハレ」。と考えるが今の私にはしっくりします。

アーリーリタイアを考えたい自己都合退職者には、その代わりに転職がお薦めです。

「なんだ転職かよ・・・」と思うかも知れません。今まで転職した経験の無い人々は「きっとどこの会社に転職しても同じだろう」と考えがちだと思いますが“転職先を選べば”今まで以上に働きやすい会社に転職できる可能性があります。

私はかつて25年勤めた純国産の製造業企業からドイツ系IT企業に転職し、そこでリストラ退職しました。転職した理由は、25年勤めた立派?な会社でしたけど、私自身はそこに以降も勤め続けるのがとても嫌になってしまい後先考えずに飛び出してしまいましたが、知人から紹介された件のIT会社に面接に行ったとき、この会社だったら今までと違うかも!とふつうじゃない雰囲気を感じたことでした。それでその会社へ飛び込みました。

確かにふつうじゃなかったです。
それまでの純国産会社では、たとえば朝出社したらいつもの同僚が席にいて「おはようございます」式のいつもの朝から一日が始まりました。これが私の知っているふつうの会社の雰囲気でした。新しいIT企業は「会社じゃなくて電車だな!」と感じました。同じように朝にオフィスのドアを開るところまでは同じですが、その後は空いている席を見つけて「ここいいですか」と横の人にことわり、挨拶もなく席に座りパソコンを広げ上司やそのまた上司が次々に送ってくるニュースみたいなメッセージを読むことから一日が始まります。横の誰だか何の仕事を担当している人なんだか分からない人にも話しかけられません。なぜなら彼らは耳にイアフォンを入れ、音楽聞きながらプレゼン資料作成に夢中になっているからです。まさにこれは電車の中の雰囲気そっくりです。

仕事のやり方も全然違いました。
「あなたの仕事の範囲はここからここまで」というのがすごくハッキリしていて、仲間同士で無条件に助け合うことはふつうはありませんでした。でも助けが必要になることがあるから、そういう場合はヘルプが欲しい人がその上司に言い、上司が別の誰かに「あなたこの仕事のこの部分をやる?」と調整にあたってくれます。その結果、成績評価のとき「俺は彼の仕事を何時間やって成果物を作ったのだから、その分の成績給を上げてくれ」と要求でき、その要求は上司に無視されないという仕組みができていました。最初は慣れなかったけど、慣れたらこれらの社内の雰囲気と仕事の仕組みは私にとってすごく居心地のいいものでした。

これは私の場合ですから他の方々はそれぞれ別の自分に合った働き方をどこかの会社で見つけられるのではないか?と私は思います。家庭的社風がいいとか、指示命令がシッカリしている方が働きやすいとか。いろいろ人によって違うでしょう。

もし自己都合退職する人が、その後の生活資金に余裕が無い場合は、四の五の言わないで給料の良い会社へなるべく早く飛び込むしかないと思いますが、そうでなくて、ある程度貯えは有る場合は、上述したように“自分に合う社風”をテーマにして次に勤める会社を選ぶ方がヘタにアーリーリタイアを決め込むより、かなり無難です。

このような社風重視の転職をする場合には、
自分の専門や経験、あるいは得意な仕事などを第一に考えるより「嫌ではない仕事をやっている居心地のいい会社」を念頭に探し回った方が良いと思います。給料もさほどパッとしないこともあるかもしれないけどアーリーリタイアが頭を過るとしたら、足りないけどある程度の貯えができたということでしょうから、給料よりも「居心地がいいこと」の方がベターだろうと思います。

しかし居心地が良いかどうかは実際には勤めてみて初めて分かることだし、何がどうだと居心地が良いと感じるか、についても自分でまったく意識しなかったことで居心地が左右されることもあります。だから何社か面接に行き「事務所の中を見学させてもらえませんか」と尋ね「OK」となった会社の中から一つに絞って就職してみることでしょう。めでたく合ったら結構なことですが、1年か2年経って「やっぱりどうもここも合わない」と思ったらまた転職することになってしまうかも知れません。そんなことをやっているとだんだん「ふつうの人」のふつうの仕事とは離れて行ってしまうこともあるでしょう。しかしアーリーリタイアしょうかな?ぐらいの気持とそれなりの貯えが既にあるなら、会社勤めする最後の時期は、ふつうではない働き方の時期もが有っても悪くないんではないですか?と私は言いたいです。

私が最後に勤めた上述IT企業も日本ではふつうの社風ではありませんでした。商習慣も日本に合わなかったようでクライアントを満足させられず、それが肌に合わなくて辞めた同僚も少なくないですが、なぜか理由ははっきり書けないですけど私には合いました。これならもうちょっと勤めてもいいなぁ、と思っていた矢先、突然にリストラが断行され、私を含めて社員の4分の1ぐらいがアッちゅう間に去ることになりましたから、大企業ではない変わった小企業は割と簡単に吹けば飛んでしまいます。

でもリストラになったので、私はこんどは自己都合退職じゃなくて会社都合退職になりました。お次はNPO法人に勤めようと考えて、一時期無給でそこで仕事しましたが、そのNPOでは給料無くても仕事キツ過ぎ!と舌を巻き、職員登用の話も出ない短期間で、そこを辞めて今のセミリタイア8年目です。

繰り返しになりますが、もし貯えがあってそれなりの余裕が生活にあるのなら、自己都合退職でリタイアに直行!ではなくて、遠回りしてみたらどうでしょうか。

この記事に関連する別ブログ記事へのリンク
↓↓↓
会社を辞め難いのは周囲がみんな、そんた君だから(リタ研ブログ)へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:58| Comment(8) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

小学校自由研究の表彰は難しいことが分かった59歳の夏

今年も夏が来まして、夏生まれの夏男は59歳になりました。とはいえ今年で60歳かと勘違いしていたので何だか1年得した気もしています。

今年から地元小学校の総合学習の「地域先生」に突っ込みはじめまして、この夏は自由研究のお手伝いをしました。小学生を持つお母さんのひとりが昨年に「自由研究で困っているのよ!どうしたらいいのか、何とかならないかしら。。」と言うのを聞いていました。その後偶然にも小学校の先生が「児童の自由研究相談会やってくれる人探しているんやけど・・・」言うもんだから、8人集めて今年その相談会をやりました。

集まった児童は約30人。
「まだ何やっていいんか、ぜんぜん分からへん」と正直に言う子も、目からウロコのような「エぇ~、そんな実験できるんかいねん??」と集まった大人を仰天させること考えた鬼才の小学生も来ました。

私が相談にのった児童は「工作!」と言って、見せてくれたのは設計図どおりに作れば立派な工作作品ができる「手作りキット」を持って来た子でした。
私が小学生の頃はこういうキットは無かったし、もし有ってもキットを組み立てて提出したら、きっと先生や同級生からこてんぱんにやられるだろうし、そもそも我が家は貧乏でキットなんか買ってくれないと思ったから、近所に落ちている廃材の板を拾って来て作りました。ふとそんな昔の思い出が脳裏に蘇って懐かしかったけど、懐かしがっている間に、児童は箱を開けて、中から部品をじゃらじゃらと机の上にぶちまけ、最後に出てきた設計図を広げて、こう言いました。

「お母さんが、こんな難しいの分からないから、相談会に行って作り方教わってらっしゃい、って言っている」と。

そうやって見せられた設計図を眺めると、まあ難しいかもしれんなぁ、と私は思いました。
私は昔プラモデル作りでそうとう鍛えましたから、設計図を見れば分かるんだけど、それにしても難しそうな雰囲気がしました。だからその子のお母さんがプラモデルをやっていなかったら、こりゃ無理だろう!。

「お父さんは作れそう?」と、その子に聞いてみたら、
「お父さんはカイシャ。だから無理って」と。

この相談会で私は思いました。
現代は工作キットの製作代行をするニーズに満ちているのではないか?と。
自由研究の相談会だから、もっと研究っぽい相談かと思ったら、確かに上述の大人が仰天するアイデアを下げて「どうすりゃ実験できるでしょう」と相談して来た子もいるけど、キット作りの代行とはの相談が来るとは思っていませんでした。

でも私はどうすりゃいいのか分かりませんでした。
とりあえず設計図の解読の仕方を教えようと「じゃ、一緒に作ろうか!」と製作に踏み出しましたが、結局子どもには難しいところを私が作ってあげることになってしまいました。
その児童は満足して「ありがとう」と言って帰って行きましたし、その子のお母さんやお父さんも作品の目鼻がついて良かった良かったなのかもですが、果たしてこれで良いのかどうか・・・

来年もきっとキットを手に持って相談会に来る子が絶対いるでしょう。

そんなことを集まった大人達と雑談していたら、大学教授だというある大人が「最近は良い作品を表彰しないからそういうもの作りたがるんじゃないか?」「そういう風潮じゃアカンよ、絶対に表彰は必要だ!」とだんだんエキサイトしてきて、相談会も終わった翌日に「表彰をしようじゃないか!」と別の大人を通じて私のところへ言って来ました。

だったら自分で学校へ行って先生に相談したらいいのになぁと思ったら、どうも当人の大学教授は「そういう調整は代表者の人がすべきもんだ」と言っているらしく、それで代表者って誰?って別の人に聞いたら、じゃあ大庭さんという流れになったらしいです。私は代表なんてまったく引き受けた覚え無いのに、どうもそういう雰囲気になってしまっているようでした。

困ったもんです。
こんな流れになったことは過去にもありまして、逃げ回って最後に辞めた活動もありましたが、今回は「まあいいか」と妥協して私が先生に「・・・というわけで自由研究作品の表彰をしたいんですけど」と相談しました。

私は表彰をやる事で一番厄介なのは、賞品に何を選ぶのかということと、その財源をどう集めるのかという事かと思いました。でもそれらは何とかなると寄付の目途もついているため「表彰をするぞ!」と決心したらそれで一件落着かと思いましたら・・・違いました。

学校では、表彰するということは難関を極める、というのです。

なぜか・・・
表彰すると誰か一人の児童を選んで、別の児童を落選させることになりますから、不公平感が漂いはじめ、特に落選した児童の親から「どうしてウチの子があんなに頑張って作品作ったのにダメだったんですか!?」と、質問とも苦情とも受け取れる反応が複数来ることに備えなければならない。それがあやふやだと、やれ依怙贔屓だとか、気分や感情や自分のお見込で選んだんだろう!ケシカラン!!と炎上することもある。「だからたいへんよ!」って先生の意見でした。

なので最近では学校が表彰をすることは一切やめて、代わりに外部の団体が主催するナントカ委員会が毎年やる夏の自由研究作品博覧会とかに選んでもらい、外部表彰してもらう方式にしているらしいです。それならば「何でウチの子が・・・」と言ってきても「いやいやアレは学校ではなくて外部団体の選考ですから、私どもも選考基準は細かく知らされていないんですよ。何だったらその団体に尋ねていただいたらどうですか?」とやんわり矛先をかわせるとベテラン先生は言っていました。

それに・・・
自由研究はまさに自由なので、学校で一緒にやるんじゃなくて、家庭でやって来るものだから、親が関わるものなんです。その親がたとえば大工さんだったりしたら、その子の工作の作品はプロ級に仕上がっているかもしれないですから、そうでない親の子の作品と出来栄えで選ばれたら最初からハンディがあるという話もありました。

そういうことをいろいろ聞いた私は、とりあえず代表?として、今年の表彰のはなしは頓挫させることで動くことにしました。

きっと頓挫を知った件の大学教授は面白くないでしょう。
「あの代表の大庭ってヤツ、腰抜けだから頓挫するんや!だったら俺が全責任を引き受けて表彰やってやる!!」と勢いづいたら私はこの代表を名実ともに御免できるのですが、まあきっと「あ、そ・・」で終わるのでしょう、こういう話って。

でも表彰があったら受賞した子はやる気が上がるでしょうね。
かつて工作好きの小学生だった私は、小鳥の巣箱の下に餌台を付けた作品を作りました。餌をついばんだ小鳥がすぐ上の巣に帰れるのだから、コンビニの二階に住んでいるようで、きっと小鳥も便利に違いないから、これを庭の木にかけておいたらスズメ達が押し寄せるだろうと考えたのです。私はこれで外部団体から金賞を受けました。

だけど実際は、スズメは一羽も巣に入居してくれませんでした。餌台は人の手が届くところでなければ餌を置けないし、そんな人の手がすぐ伸びて来るところにある巣に住みたいスズメは一羽も現れませんでした。文字どおりアイデア倒れです。しかし選考委員会は金賞を私にくれました。これはまさに審査基準がいい加減だったからでしょう。私が小学生時代の今から50年前はそれでも文句言う親は居なかったと思いますが、今はきっと舌の肥えた親達がオンブズマンのように適正な選考だったかどうかウォッチしているんでしょうね。
タグ:59歳の夏

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:46| Comment(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

定年後の夢追い費は数百万円

先日、研究所の池を管理しているリタイアメントの話を聞きました。彼が言うには、その研究所はそこにあった大きな池を潰して建てたもので、池は元の大きな池を象徴したモニュメント的存在。そこの管理を一手に任されているのだそうです。彼はその仕事を始めて既に10年近く。

研究所を所轄する公的研究機関から、さぞかし優遇されて、好きな池の管理をやっているのかと思って「収入はどのぐらい?」と尋ねてみたら、なんと収入ゼロのボランティア以上に過酷?な、毎年自分のポケットマネーからの持ち出しが20万円だとか!さすがにこの話をするときの彼の表情はこわばったものがありましたが、彼はいったいこんな理にかなわない?仕事をどうして続けているのでしょうか?

彼はこの仕事に余生をかけているのです。

この男の話から推測できるように、リタイア後に自分のやりたい事、つまり「夢」を追いかけるためには、多かれ少なかれ、このような自費持ち出しは要るということが、この男の放つ示唆です。

彼に話を聞くまで、私はてっきり彼はその研究所の準職員のような立場かと思いました。
しかし彼の池と研究所は同じ敷地内にあるということだけで、研究所の目的と池は何のつながりもありません。だから公的機関は池なんか本当はいらないくて、撤去しても構わないという建前だから税金を投じて彼に給料や機材購入をしてあげることもなく「お金払えませんけど、ご自由にどうぞ」ということらしいのです。

まあ税金の使われ方としてはまっとうなことです。

こんな状況では、きっと他人は彼の行動を道楽とか揶揄するんじゃないのか?と懸念しますが、これはその男の「夢」なのです。自分の気に入る池を作ることが楽しいのか、見物した人から「素晴らしいですね」と言われることがやり甲斐なのかは私には分かりませんが、少なくとこの男の自腹切った行動は、会社生活をリタイアした後の、ある種成功した人のモデルになっている気がしました。

「これで成功ですか?」と思われるかも知れませんが、私が思うに彼は成功者です。

なぜか・・・
彼は自分の体が動く間中熱中できる場を手にすることができたからです。

彼は無給で自腹で池管理のための道具や資材を買っていますが、それは彼の美的感覚による池への投資です。ここにこんなものを作りたいとか、雑草生い茂るのは見ていられないから草刈機を買うとか、そういうことで、お金を出さない公的機関は研究に害が出ない限り全部黙認です。

彼もたまに『少しは研究所も費用負担して欲しい』と脳裏をよぎることはあるらしいですが、駆け出し時期以外はそのことを口にしたことは一切無いそうです。それはお金のことを口にすると、そこから先まったく事が動かなくなるからだ、と証言していました。お金を払う払わないの話になると、払う立場の方は「ではこの仕事はしばらく待ってくれ」となって、その後延々と時間だけが過ぎるのだそうです。

私はひとつの事に年間20万円かけるほど入れ込んだことはありませんが、彼の思うことは分かるような気がします。

自分のやりたい事を、やりたいように続けて行こうとしたら、たとえそれが世の中の役に立つ奉仕の仕事だとしても、自腹を切ってやる他にないと強く思います。

私は自分でネットビジネスなどで年に30万円ほど収入がありますが、これの多くは彼みたいに大規模ではないものの、ボランティア活動の交通費とかに使って消えて行きます。その額は年間10万円近くになるでしょう。

おそらくリタイア後にそのためのお金が出せない、あるいは出すのが惜しいと、リタイア後に「夢」を追いかけることはできない!と彼の話を来て私は想像しました。

もしこの額が上記彼の言う年間20万円あたりが相場だったとしたら・・・
健康寿命が来て夢を追うことができなくなるまで毎年20万円ぐらい要る!となるでしょう。

もしそうであれば、健康寿命は日本人男性の場合は約70歳ということなので、
定年退職後の10年間で2百万円。65歳では残り5年間だから百万円。このぐらいの自己裁量で使えるお金を残しておけば、リタイア後に充実した日を過ごせるのではないでしょうか。

私の場合は52歳でアーリーリタイアを決め込んだから約3百万円という額になり、高級車が買えるぐらい高額ですが、これは毎年20万円以上づつ追加的なお金を稼ぐ方法があれば手に入れられる金額です。

毎年20万円稼ぐことは、どのぐらいたいへんな事でしょうか。
私は毎年20万円は全然たいへんでない金額だと思います。

定年後の夢を追うためのお値段は2百万円から数百万円。
そう考えて将来設計したらどうかと思いました。
タグ:夢追い費用

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN