2017年03月18日

65歳になったら、とにかく年金事務所に行って尋ねてください、と言われた

とにかく65歳の誕生日には夫婦そろって地元の年金事務所に行き「なんか、忘れている手続きない?」と尋ねることを強くおススメします!と、年金事務所の担当者は私に語りました。

過日「特別支給の厚生年金の受け取り忘れ、時効で消える」という記事を書きましたが、昭和41年4月1日以前が誕生日の人には、妻に「振替加算」が、届け出したら付きますよ!というのもあります。これは旦那の65歳の誕生日というのがポイントです(妻の扶養家族の旦那の場合は逆なので、そう読み替えてください)。

この件について記事にもう一回書こうと思い、間違っちゃイカンとも思い、地元の年金事務所に電話して聞きました。

特に「姉さん女房」の夫婦は、“旦那様が”65歳の誕生日になったら(正確には誕生日の前日から)地元の年金事務所に足を運び「振替加算の手続きに来ました」と言い、振替加算の支給手続きをしてください、と電話の担当者は言いました。姉さん女房の人の場合は加給年金がありませんが振替加算はあります。この存在を忘れてしまっていて、支給手続きしなかったら、時効前に手続きするまで受け取れません。

対象者には旦那の65歳誕生日近くにお知らせがくるそうですが、その知らせを見逃し、あるいは忘れ、もしくは「なんじゃこれ?」と意味不明だと無視したら、5年を過ぎると時効成立で、もはや永久に受け取れなくなります。

私は昭和33年生まれなので、年額3万円ちょっとが「妻の」年金にオンされるようです。
これが振替加算という制度です。
金額はちょっとですが毎年オンされるからバカにできません。忘れると「ヤバ!」と気がついた年の5年前分までは受けられますが、それ以前の年月の権利は消えて無くなります。

ちなみに、昭和33年生まれの支給額はそんなものですが、もっと生まれが早い人はオンされる額がデカく、反対に若い世代はどんどん支給額が小さくなり、昭和41年以降は、もうゼロになる、そんな制度が振替加算です。

年下女房の場合はこれとは別に「加給年金」があります。これと「振替加算」はセットです。なので旦那が年金受給年齢になったら、たぶん間違いなく加給年金を案内され、セットになっている振替加算がくっ付いてきますから忘れることは無いと思うのですが、姉さん女房の人は「加給年金」が無く、いきなり「振替加算」だけ到来しますし、これ自体かなり知名度低いですからお知らせ来ても「なんじゃこりゃ???」でホッタラカシ・・・になってることもあしそうですよね。

上記に限らず、老齢年金は65歳から本格支給が始まりますから、65歳になったら年金事務所に一度出向いて、必要な手続きは無いのかチェックを受けるようにした方が損しないで済みそうです。

ちなみに「振替加算」という制度は、昭和41年4月1日以前が誕生日の人だけが対象です。
↓↓↓
日本年金機構 加給年金額と振替加算へのリンク
タグ:振替加算

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

「セミリタイアするからいいさ」で忘れると損!する、65歳以前の年金支給申請

その「知らずは損」現象の存在を知ったのは。ちょうど私と妻の年金を繰り下げ受給する話をしているときでした。

妻は私と同じ昭和33年生まれだから来年60歳になり、少ないけど年金を受け取れる年齢になります。私は男なので年齢は同じでも63歳からの受け取り。しかし64歳までは個人年金を毎年受け取っているから、公的年金の受け取りは65歳以降に繰り下げしよう!その方が割増になるし・・・などと考えていたら、これが全然勘違いであったことが分かりました。

その勘違いは・・・
65歳以前に受け取れる「特別支給の老齢厚生年金」というモノは、
1.繰り下げても増えない
2.65歳以降に受け取る年金に巻き込んで受給できない
3.支給の申請をせずに放置すると、5年以上前の支給部分は時効で受け取れない
こういうことだと今更ながら知りました!

だから、65歳以前に受け取る“特別な年金”は、65歳以降の“本格的な年金”とは別と考え、できれば予定どおりに、遅くても5年の時効で消える前に受け取っておくべきです。

「特別支給の老齢厚生年金」とはこういうものです、
男性は昭和36年4月1日、女性は昭和41年4月1日生まれまでの人は、保険料納付期間などの基準を満たせば満65歳以前に「特別支給の老齢厚生年金」が受け取れます。
↓↓↓
日本年金機構 特別支給の老齢厚生年金について へのリンク

この年金の金額はちょっと低くて、妻の場合は年額約11万円、私の場合は年額約100万円ですが、65歳以前までの受け取り総額は決してバカにできない額だから、もしそれが時効で受け取れる権利が消滅したら、それはそれはショックで何日も寝たきりになることでしょう。

だから昭和36年4月1日生まれまでの男性と、昭和41年4月1日生まれまでの女性は、必ず60歳以降の「特別支給の老齢厚生年金」受け取り時期が接近したら、年金事務所から送られてくる給付申請書を忘れないように提出しなければ。

もし、それを放置している場合は、大至急年金事務所に駆け込んで給付申請しなければならないだろうなぁ、と思います。

上述の特別支給の老齢厚生年金が時効で受け取れないことも起き得る可能性は、これから虎の子の年金を受け取ろうと思っている人には切実なことだと思うのに、年金関係の注意喚起案内などには、サラッとしか書いていないので、なかなか事の重要性に気づかない場合もあると思います。

たとえばこんなふうに・・・
↓↓↓
「年金の請求をお忘れではありませんか?」へのリンク

かく言う私も、自分の年金の繰り下げ検討をしている最中に、偶然見つけたことです。なので今日はそのことを記事化しました。
セミリタイアメントは、自身で自分のお小遣い程度は稼げる“軽い仕事”、“ゆるい仕事”をしている人だと私は当ブログで言っています。こういう人々は、元気な間は収入が続くので、できれば年金を繰り下げることを画策するかと思います。ここに上述の「特別支給の老齢厚生年金」受け取り忘れが発生してしまう可能性があります。だからくれぐれも注意しましょう。

別ブログの関連記事へのリンク
「うっかり請求しないと消えてしまう、恐ろしい60歳から64歳まで受け取る年金」へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:27| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

将来の「予言」を聞いたような気がした

私がアーリーリタイアした目的のひとつに、自分が健康でいられる間に、できる限りの「好きな事」をやっておきたい!というものがあります。ただ実際に私がアーリーリタイアを決行した52歳では、自分が未来に不健康になるとは実感しておらず、一般的に日本人男性の健康寿命は70歳あたりだという情報を信じただけです。

「ま、一応70歳までの20年間ぐらいを楽しむとして・・・」
52歳のアーリーリタイア前日は、そんなふうに考え、早く楽しんでしまえ!と前向き?気分満々でした。

でも過日、今年70歳になるという友人が「歳とともに自分の健康問題が大きくなるのが分かる」と、以下のようなことを言うのを聞き、もうすぐ60歳の私も、彼の言う60歳までの実感と「そういえば、同じじゃん」と気づかされました。

今年70歳になる彼は・・・
俺の40歳代は何も健康に問題はなかった。徹夜をしたこともいっぱいあったけど、べつにそれが苦にならなかった。ただ白髪が増えたりお腹が出たことがあったけど、それ以外は30歳代とあまり変わった気がしなかったねぇ。

だけど50歳代になったら、急に体力が落ちたみたいで「疲れるなぁ」ってことが多くなったし、ふぅ・・・とか、よっこいしょ、なんて声に出るようになった。50歳代までは、まあそのぐらいだったけど。

しかし60歳代になると、早く歩けないようになってきたのよね。今まではスタスタ歩けたのが、ゆっくりじゃないと歩けなくなってしまい、それまでは他人を追い抜いて歩いていたものが、60超えたら他人に抜かれるようになって・・・

で、もうすぐ70歳の今になってさ、朝起きたらフラフラして起き上がれないじゃない。医者に行ってみたけど原因はっきりしないけど、たぶん自律神経系の問題じゃないかって言われて薬飲んでいるよ。だけどなんかあんまり良くならないのよね。だからせっかく誘ってくれたけど飲みに行けなくてさぁ。悪いけど今日は行けないよ。

なんだか今までの健康問題より一歩程度が大きくなって、たぶん70歳を目前にして、生命に直結するような健康問題が俺に起きてきたみたいだねぇ。「もうそろそろ死ぬ練習しなさい」っていう自然の教えなのかねぇ。こういう状態が続いてやがて死んでいくんだろうか・・・

と、彼は私にこんな事を真顔で私に語りかけるのでした。

このようになる人も、そうならない人も、いろいろだとは思いますが。

今60歳手前の私も、60歳までの変化は彼とよく似たもので、体力は、それに記憶力や気力も40歳代に比べてかなり落ちているような実感がします。
それに東京の通勤時間帯を歩いていると、確かに他人が私を追い抜かして歩き去っていくし、頑張って追いつこうと早く歩くと不自然な歩き方になってしまう。

以前はそんなこと気にしたことが無いだけなのかもしれないけど、実際に私も彼同様に70歳あたりで「生命に関わるような健康上の、目に見える課題」が勃発するのは、きっと私の場合もそうなのでしょう。そんな気がしてきました。

世の中には、
「気にしていると、ホントにそうなっちゃう」という現象もあるみたいだから、今回たまたま耳にした70歳目前の友人が言う話は聞き流した方がいいのか・・・

そうじゃなくて、
これから先は現実そうなのだ、と直視して終活をまじめに始めるとかした方がいいのか・・・

今までにも・・・
60歳代までは『こんなふうに生活は進んで行くだろう』と、頭で想像できているのが、70歳以降の生活については、まったく見えない白紙状態、ノーアイデアなのです。楽観的に「60歳代までと同じ暮らしがきっと続いて行くんじゃないか」と思いたいだけなのかもですが、もしかしたらそんなに現実は甘くないかもしれません。

だから今回友人が私に真顔で語ったことは、
自分の将来像の「予言」だったのではないかと、そう思います。

予言:私が70歳になったら、私の生命に直結するような健康上の課題が増えていく。
タグ:健康寿命

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN