2017年10月25日

「アーリーセカンドライフ」っていうタイトルもアリだった

「リタイア」には「セカンドライフ」という紛らわしい言葉がありまして、この二つの言葉は境界が曖昧で違いがよく分かりませんが、なんか違う気がします。
思うままにネットで検索してブチ当たった記述と自分のイメージでコイツらを分けてみたら、

「リタイア」のイメージは・・・
会社を退職してマレーシアやタイに外観小綺麗なコンドミニアムを借り、夫婦水入らず毎日ゴルフ三昧して暮らす、あるいは現地日本人会のオフィスで同志日本人ロングステイヤーと交わり稽古事や囲碁マージャンにふける。または都市近郊の築30年4LDK自宅を売り払ってローンも完済し、残った700万円で軽トラと田舎の畑&古家付土地を購入し、嫌がる妻を説得して半自給自足ライフをおくる。こんなイメージでしょう。

それに対して「セカンドライフ」は働き方を変えるというイメージな気がします。
ここで言うセカンドライフは一時期一世風靡した仮想空間に暮らすネット上のゲームのことではありません。リアルなはなしの元祖セカンドライフの方を指します。
例えばサラリーマンを辞めて傷ついた野生動物救護なんかの財団を作ってライフワークとして今まで気になって気になって仕方が無かった活動に没頭しながら、実はそれを通じてリア充を図っているひと。

まとめてみたら・・・
内容が違うのではなくて「リタイア」のイメージはなーんとなく「隠れていたい」「ほっといてくれ」「なんかオモロイこと無いやろか」な暮らしに対して「セカンドライフ」は「ただ仕事が変わっただけよ」「自分でやりたい事を始めたのさ」「あくせく稼ぐ時代とはもうサヨナラして」というような鷹揚で金持ちなニオイを感じます。

だから・・・
会社を辞めてからの中身はどうあれ「俺はリタイア暮らししてます」と言うより「セカンドライフとして〇〇を始めましたの」と言い切る方がそれを言った相手の受ける印象は違うでしょう。「セカンドライフ」という言葉はキザな感じが少し伴いますが、相手を煙に巻くマジックワードかもしれません。私の「アーリーセミリタイアメントです!」と言い切って今まで自己紹介してきた経験と思い出から言えることは、誰かに「リタイアしてまんねん」と言ったらまず間違いなく相手は多かれ少なかれ、それを言った当人を哀れみます。

「え、リタイアなの・・・どーして? あ、リストラでね・・・」と、これは私の場合ですが、こんな感じになります。私は脳天気なのか感受性が鈍いのか分かりませんが、こう反応されたらリストラを契機にリタイアしたのは事実なのだから「そういう理解で良いのだ」と考えますが、どうも他の人々は嫌だそうです。過日も私と同年齢の59歳の人が「・・・当然ながらまだ会社に勤めていますが・・・この活動にも参加した次第で・・・」と『俺はまだリタイアしていないんだぞ』と強調する含みを持たせて自己紹介しているのを聞いて私は「みんなはそうなんだなぁ」と感心しました。

そういうことに気づいてみると・・・
「アーリーセミリタイア」じゃなくて「アーリーセカンドライフ」にしておけば良かったかと今さらにしてタイトルつけ間違えた反省をしました。

私は一応個人事業主であり、現物株しかやらない気弱な個人投資家ですが対外的には「セミリタイアメント」だと名乗っています。これは、まあそういう名乗り方をした方が相手も納得できるだろうと思ったからですが、リタイアメントで株をやっているイメージと、「セカンドライフとして株式投資に取り組んでいる」と名乗った違いは実際にあるのではないか!?と思います。

リタイアメントで株をやっていると、私は現にそうですが「まあボチボチ儲かれば見っけもの」の域を脱することは難しいです。信用売買をやっている人の話を聞くと全然やっている世界が違うのだなぁ、リスクの受け止め方からして違うのだなぁ、と実感させられます。きっと最初から「セカンドライフとして株式投資に取り組んでいる」というブログを立ち上げていたら・・・人間は強く思うと実際にそのようになる!という説もありますから、今頃は近所の方々からも「あーあの株やっている変わり者のオッサンね」より上を飛ぶ存在になていたかも知れません。

なんで「セカンドライフ」という言葉に今まで気付かなかったのか、アホでしたが、下記リンク先記事を一昨日読んでみたら「あ!セカンドライフはセミリタイアと同義語か!!」と納得しました。
↓↓↓
"定年後"も稼げる「シニア自営業」のコツ(プレジデントオンライン記事)へのリンク

今さらもうブログのタイトル替えは遅いですが「セミリタイア」とこれから書く頻度を下げて代わりに「セカンドライフ」と書くことにします。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 16:33| Comment(0) | セミリタイアについて | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

調子わるい日

なんだかワケも分からずにこのところ調子が悪い。

昨日の夕方、交差点で右折待ちをしていたところ。反対車線の走ってくる路線バスが車線を右に変更したので、てっきり『左折だな』と思って、こっちもそれに合わせて右折開始したらバスに「ビビーッ」って鳴らされてあせった(;´・ω・)

その帰り道、狭い道路から左折して幹線道路に出ようと発車しかけたら、すぐ左横に知らない間に原付がいて、そいつと危うく接触するところだった(;´・ω・)

そして今日、明日は台風で投票会場に行きたくないから期日前投票しに行ったら、会場は混んでいて駐車場に入れず、駐車場近くで妻と子をとりあえず降ろそうとハザード点けて停止したら、横で路駐していた車に「ビビーッ」って鳴らされてあせった(;´・ω・)。でもこの車のヤツはなぜ「ビビーッ」って鳴らしたのかまったく分からない。邪魔なのかと思ってすぐ発車させたけど・・・そいつの車は依然路駐のままだった。

こんないつもの風景みたいな事がいちいち気にかかってしまうだけなのか、調子悪いから判断力鈍って焦るような事してしまうのか、よく分からないけど最近なんだか調子がよくない。

こんな体調というか気分がよくない理由として思い当たることに、最近なんだか「人疲れ」したような感じがします。

人疲れ・・・
このところ何かと多くの人に囲まれた、と言ったら聞こえがいいですが、私個人にしたら多くの人の干渉を受けるような事を多くしてしまっているから頭が疲れているのではなかろうか?という気がしています。

今週は地域のイベントがあり、その前週にはとある50人規模のセミナーに参加したし、地元の小学校の先生と話し合いもあったし・・・
サラリーマン時代にはそんなぐらいのこと何でもなく日常的に過ぎてしまったような、人と会って話し合いして、そこで決めたことをやろうともがいて、何とか時間に間に合わせて、あーよかった。みたいな事がリタイアして独りパソコンの前で空想や妄想にふけってブログや株取り引きなどにいそしむ生活をするうちに、たかがそんな「みんなと一緒の仕事」というか楽しみの範疇でやっている人づきあいまでが脳ミソのストレス要因になっているのではなかろうか・・・という気がするんです。

それで脳ミソが疲れたもんだから、バスの行動を早合点したり、注意力散漫で横の原付に気づくのが遅れ・・・今日の期日前投票場の駐車場のビビーッの意味はよく分からないけど、たぶん何かあったんでしょう。知人がその車に乗っていて挨拶したのかも知れんし。。

こんな調子わるい日々に限って悪い夢も見るのですね・・・
私の見る悪い夢の代表格は、昔勤めた製造業の生産現場でロクでもないトラブルが出たときの夢です。

最近あっちこっちの製造業のカイシャで問題が発覚して社長さん達は頭を下げまくっていますが、あのようなカイシャで社員達は私が今も見る悪夢のモトを脳内に焼き付けているのかもしれないです。

きっと調子が悪いと睡眠の質も悪くなって夢を、しかも「もう二度と関わりたくないなぁ」と思っている事を、こともあろうに夢で見てしまうという、余計にウンザリして更に調子悪くなることに向かってしまうわけです。

今年からブログや株の他にリアルの活動も広げたのですが・・・
私にとってはこれはちょっとリスキーかもしれません。
もともと「孤高」が好みなんだから、やみくもに人づきあいは他チャンネル化しない方がいいのかも。。

そう思って・・・
過日に参加したセミナーで知り合った人達にメールするのは遅らせることにしました。
今はしばらく独りで自由な気分でマイペースで好きなことだけやりたいです。
タグ:調子わるい

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:10| Comment(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

月13万円で暮らす家計チューニングを考えてみた

森永卓郎氏が解説して結論している「将来は夫婦で月13万円で暮らせる生活を考えておく必要がある」について我が家ではどうできるか?を考えてみました。
↓↓↓
今の40代世代を襲う「年金4割カット」の現実味(マネーボイス記事)へのリンク

昨年の我が家大庭夏男家での基本生活費はこうなっていました。
健康保険料127712 国保
夫婦年金保険料380000 夫婦二人
所得税0 非課税世帯
住民税0 非課税世帯
固定資産税110100
自動車税7200 軽自動車
小規模企業共済掛金12000
医療保険料132392
自動車保険料25000 軽自動車
火災保険料13600
食費・雑費 1000000 実際は100万円未満 残りは翌年繰り越し
水道料金 21035
電気代138616
インターネット70278 光
交通費4680 
ガソリン代 41719
医療費12500
お墓管理費6000
車検・12点検141538
NHK受信料27360
ケーブルテレビ受信料13200
合計2365898円 平均月額197158円

まず、月13万円生活が必要になるのは今すぐじゃなくて、たとえば15年後なので私は75歳になっていたとして、その頃は・・・
1.車は要らない、その代わりに市営公共交通が年額1万円のシニアパスだとしたら、自動車関係費が合計215457円無くなって代わりに1万円のパス二人分の2万円が増えるので、差し引き195457円節減。

2.年金はもうすぐ支払い完了でから二人分の380000が節減。

3.小規模企業共済掛金は今は自営業をやっているからですが、それは75歳ではもう辞めているから掛け金支払いが無くなります。なので12000円節減。

その他に国民健康保険料は後期高齢者扱いになるから保険料は変わりますが、このままと一応考えておきましょう。ここまでの節減額合計は587457円。

これらの節減のおかげで1778441円。月額148203円で暮らせそうで、ここまでの道のりは簡単にたどり着けるでしょう。あと約22万円をどうできるかです。

そこでまず光ケーブルのインターネットはやめて、無線LANにする手が考えられます。
それも15年先を想像するとスマホの4Gも世代が進化して、スマホのテザリングでPCをネット接続でしてストレス無く使えるのではないか!?という気がします。
だからテザリングを月額1000円で利用するとして年額12000円。これで光ケーブル契約廃止したら58278円安くなりそう。

まだ大口コストとして医療保険がありますが、今後は入院なども可能性が高くなるので、このままとひとまずそう考えておきましょう。

残る約16万円は食費と雑費の年額100万円に手をつけざると得ないです。

我が家ではなぜ食費と雑費は年額100万円と固定費になっているかというと・・・
実はかつて我が家でも食費などをいちいち管理していたのですが、妻は「これでは窮屈でやってられない!」とお怒りになったので「じゃあ100万円渡すから、この範囲内で1年間やってよ。余ったら翌年の足しにしていいから」と固定費化した経緯があるのです。

年額100万円ということは月額8万3千円です。
これは私、大庭夏男感覚としては高い!です。これを月額7万円に圧縮すると、他の基本生活費の各費目を加えて月額13万円で暮らせる計算になります。

ただ75歳ともなると医者通いは増えるでしょう。我が家は非課税世帯なので高額療養費制度自己負担限度額 75歳以上では世帯あたり15000円と書いてあります(立川市の例)

なので、医療出費は月額15000円増えると見て、食費と雑費は月額5万5千円での運用を妻にお願いしなければならなくなります。

月額5万5千円(年66万円)でやれというのは妻にはキツイかも。
そうなると虎の子の医療保険を廃止するしか手がありません。だけどもし15年後も非課税世帯の高額療養費制度自己負担限度額 75歳以上 世帯あたり15000円が変わらないなら、もはや医療保険は要らないと、そう思いきれるでしょうか。

もしそうしたら妻には食費と雑費は月額6万5千円から7万円(年額84万円)ぐらい渡しても月13万円生活はできそうです。まあこれでは旅行も外食もできませんので、そのための贅沢費は別に貯金などで貯めるか、ささやかな小ビジネスを続ける必要はありそうです。ちなみに公的年金受給者は年額20万円までの雑所得はサラリーマン同様に所得税申告免除だそうです。


上述しましたのは大庭夏男家の場合なので、他の方々にそのまんま適用できませんが、森永卓郎氏の上述コラムを読んだら、ご自分の家計をベースにこんなこと考えておくことがいいのではなかと思い、自分で考え計算したことを参考のため記事化いたしました。

しかし「今そんなこと考えたとして自分が高齢者になる頃にどう世界が変わっているか分からないから無駄じゃ!」と読んだ方々は思ってしまうでしょう。確かに今考えて計算した数字は無駄になります。
が、しかし、状況が変わった都度何回も同じような計算を繰り返すことは後々の役に立つことは確実なのです。この先年金が明るくなることは考えられないでしょう。さらにもしかしてどこかの党が言っているベーシックインカムが本当に導入されたら、全世代に広く薄く支給される時代が本当に来てしまうかもしれません。その時に「老人を殺す気かぁ」と叫ぶのもアリですが、時代環境の変化に合わせて臨機応変に適応することはもっと大事だと私は思います。

そにためには「こうなったら、どうできる?」を日頃考えていることは重要です。
タグ:森永さん

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:31| Comment(2) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN